資料の紹介

 1分後と15分後に必要な握りとネタを予測して廃棄量を4分の1にしたあきんどスシロー、データに基づくシミュレーションで金型に起因する不具合を75%削減したマツダ――。データ分析で目に見える成果を上げる企業が出てきている。成功事例を受けて、データ分析に力を入れる企業も増えている。

 ただ、データ分析の現場はいくつか課題に直面している。まず、データ分析担当者はコロナ禍のなかでもテレワークできずにいる。また、サービス接客やものづくりの現場に出向き、その場でデータ分析をするのが難しい点も悩みだ。膨大なデータを高速に処理するため、企業内に設置した大型の高性能ワークステーションを利用しているためである。

 技術の進歩により、ノートPC型で膨大なデータを分析できる高性能なモバイルワークステーションが登場している。本資料では、その最新製品のスペックや機能を解説するとともに、屋外や店舗、工場などにモバイルワークステーションを持ち込み、IoTデバイスから収集したデータをその場で解析する新たな活用方法を解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。