資料の紹介

 少子高齢化により企業の年齢構成は急速に変わりつつある。また、改正高年齢者雇用安定法により、2025年には本人が希望すれば65歳まで働けるようになる。これに伴い増大するのが、従業員の疾病発症リスクだ。例えば、がん罹患者数は男性では55歳から大幅に増加、現役世代の罹患率は全体の3割を占めるが、今後はさらに増えるだろう。

 これからの企業で必要になるのは、健康を軸とした「健康経営」の実践だ。健診受診率の向上や運動の奨励などの「将来の健康課題への対策」はもちろん必要だが、企業の生産性を防ぐためにさらに重要なのは、インフルエンザなどの感染症、花粉症を始めとする持病、長期入院など「顕在化している課題への対策」である。

 本資料では、健康経営の実践を支援するサービスを紹介する。健康経営には適切な医療の介入と、従業員の病休や病気による生産性の低下リスクを軽減させる仕組みづくりが必須になる。健康経営の重要性を解説するとともに、病気になったときも適切な医療を選択できるよう誘導するための3つの仕組みを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。