資料の紹介

 システム開発で「コンテナ」の利用が広がっている。同時に、コンテナの運用管理を支援する「コンテナオーケストレーション」ツールのニーズが高まっている。特に注目度されているのが「Kubernetes」だ。頻繁なアップデートによる機能や信頼性の向上が評価され、事実上の業界標準となっている。

 ただ、Kubernetesの業務利用はハードルが高い。Linux、ソフトウエア定義ネットワーク、ソフトウエア定義ストレージ、監視やロギングといった機能を持つクラスター運用管理などのインテグレーションが必要だ。専門知識はもちろん、多くの手間と時間を要する。現在は、企業向けのディストリビューションを選択するのが一般的になっている。

 本資料は、Kubernetesディストリビューションの1つである「Red Hat OpenShift 4」の利用に必要な基礎知識をまとめたガイドである。インストールから運用管理の基礎、アプリケーションの実行、トラブルシューティングまで収録しており、一読すればOpenShift 4の利用に取りかかれる。コンテナに注目する開発者やシステム担当者は必読だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。