資料の紹介

 独SAPのERPパッケージが稼働するシステムは、ダウンタイムの発生やパフォーマンスの低下を許容できないミッションクリティカルな存在だ。そのため、クラウドへの移行に多くのメリットがあると分かっていても、慎重な姿勢を維持している企業が多い。とはいえ、今後はクラウドを使わないことがビジネスリスクになり得る。

 そこで重要になるのが、移行先のクラウドプラットフォームの選定だ。SAPアプリケーションの移行・運用の実績、移行を支援するサービスやツール、SAPとの協力体制、SAPの認定、SAP S/4HANAのサポートなどが重要なチェック項目になる。さらに、AIやIoTなどの最新テクノロジーの活用で、基幹系システムと連携して差別化するためのシステムを作れることも重要だ。

 本資料では、SAPアプリケーションのクラウド移行を検討している企業向けに、クラウドプラットフォーム選びのポイントを解説する。比較のポイントを理解すると、基幹系システムを安心してスムーズにクラウドに移し替えできるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。