資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症は、働き方を見直す大きな転機となった。アナログでしかできないと思い込んでいた作業がデジタルで置き換え可能と証明され、リモートワークや手続きのオンライン化が急速に浸透している。だが、これで「アナログ不要論」を唱えるのは早計だ。

 紙の本と電子書籍が共存しているように、アナログとデジタルは緩やかに交差しながら役割が交代していく。トップ層が「一刻も早いデジタル化を」と号令をかけてデジタル化に取り組むケースもあるが、急激な変化は摩擦を生んだり、混乱を生じさせたりする可能性がある。ペーパーレスの推進といった身近な目標からクリアしたほうが、結果的にデジタル化の成功につながる。

 本動画は「デジタル化の本質」について、大手クラウド名刺管理サービスの幹部が語る約10分の講演である。アナログの情報をデジタルに変換する価値の重みを熟知しているだけに、民間企業よりもアナログな管理に縛られる自治体にとって示唆に富む内容となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。