資料の紹介

 問い合わせ対応、契約書や請求書の受け取りといった顧客接点業務は、特に効率化が進んでいない業務プロセスになっている。どうしても手作業や人的対応が必要になるからだ。単純な無人化や自動化では、顧客が満足するレベルのサービスを提供できない。

 効率化の手段としては、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)が以前からある。昨今はAI(人工知能)と組み合わせて、デジタルと人手を組み合わせた顧客対応も可能になってきた。例えば、手書き書類や帳票の文字を読み取るAI-OCRや、質問に自動回答するAIチャットボットと組み合わせると、少ない人手でも多くの問い合わせに高品質で対応できる。

 本資料では、AIとBPOを組み合わせて顧客接点業務を最適化するソリューションを紹介する。AIとBPOの「ちょうど良い組み合わせ」を知ると、DX(デジタルトランスフォーメーション)をスムーズに進められるはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。