資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に欠かせないものが「データ」だ。アプリケーション、データベース、データレイクなどに蓄積されている大量のデータを収集・分析し、そこから得られたインサイト(洞察)を基に意思決定する――。いわゆる「データドリブン経営」を目指す企業は多い。

 だが、米フォレスター・リサーチの調査によると、企業が保有するデータの60%~73%は活用されていないという。膨大な量のデータが複数のシステムに分散して保管されていて、どのようなデータを保有し、それがどこにあり、誰が所有しているのか、データ間の関連性をどうなっているのかを把握できていない。そのため、従来の手法では、そこから意味のある価値を引き出すことが難しい。

 本資料では、データドリブン経営を実現するための鍵となるソリューションについて解説する。AI(人工知能)を利用したデータディスカバリーによって、最小限の時間でデータを分類・整理して把握できるようにする。データからインサイトを素早く見つけ、データの力を最大限に活用するための最初の一歩となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。