資料の紹介

 世界の多くの自治体では、地域ごとの建築基準があり、特定の建物用製品を設置する前に、試験と評価を行うことを義務付けている。例えば、ハリケーンの多い地域の窓製品には、飛散物に対する耐衝撃性能が求められる。窓部の製品では他にも、水や外気の遮断、風荷重に対する耐力、セキュリティなどいろいろな性能が対象となる。地域や規制機関ごとに建築基準が異なっており、日本のメーカーがその地域に市場参入するには、そうした性能を満たしていなければならない。

 こうした課題を解決するのが、第三者機関による認証の取得だ。モックアップ試験や現地での施工品質試験など、第三者機関の品質管理プログラムに基づいた試験を行うことが、性能の担保につながる。安全上のリスクを抑えるために認証を受けるメーカーも多い。

 本資料は、窓部の試験・評価について解説した白書である。世界各地における窓仕様の要件や標準的な試験方法についても紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。