資料の紹介

 ディープラーニングに代表されるAI(人工知能)技術は、ほぼすべての業界で活用されるようになった。先端研究、精密医療、自動運転などの分野で先行して利用され、今では製造、カスタマーサポート、ライフサイエンス、マーケティング、販売などに領域を拡大している。米ガートナーの調査によれば、2021年だけで2.9兆ドル(約300兆円)のビジネス価値が見込まれるという。

 AIモデルのトレーニングやデータ分析では、大量のデータを扱いながら、何度も試行錯誤を繰り返す。できるだけ素早く成果を得るには、計算処理、ストレージI/Oともに高いパフォーマンスが求められる。ここがボトルネックになると、製品の市場投入やAI戦略が遅れてしまう可能性がある。

 本資料では、小規模なデータサイエンスチームを想定し、ワークステーション、GPU、スケールアウトNASを組み合わせたシステムを紹介する。アーキテクチャーの解説に加え、ベンチマークも実施しているため、AI開発のコンピューティング環境を検討する基準となるはずだ。ぜひ詳細を確認してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。