資料の紹介

 コンタクトセンターの役割が大きく変わりつつある。昨今は市場や顧客のニーズを、製品・サービスを迅速に反映することが求められるからだ。コンタクトセンターは「顧客の声を集める中核部門」に進化する必要がある。

 特に重要になるのが、顧客とオペレーターの会話データだ。多くの価値が含まれているが、そのままでは価値を抽出できない。ただ、昨今は音声データの正確なテキスト化が可能になってきた。そうしたテキストを詳細に分析すると、応対品質の向上、業務の効率化、顧客ニーズの抽出、オペレーターの離職防止など様々な取り組みができる。

 本動画では、音声データの高精度なテキスト化機能を持つ次世代コンタクトセンターの構築方法を解説する。さらに、AIによる自動対話、顧客の感情のリアルタイム分析、リスクの高い会話や取引をチェックするコンプライアンス対応などのユースケースも紹介する。進化したコンタクトセンターの実力と、その具体的な構築方法をぜひ確認したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。