資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症の拡大は、金融機関が近年直面してきた様々な課題を、改めて浮き彫りにした。とりわけ、業務のデジタル化に関しては、切迫感がさらに高まり、早急な対応が求められる。

 金融機関の利ざやが縮小すれば、デジタルを活用してビジネスモデルを創出したり、新たなマーケティング手法やビジネスチャンスを生み出したり、といった取り組みが不可欠になる。その際に有効なのが、過去の膨大な取引記録を「見える化」し、業務の特性や顧客のニーズを把握することだ。

 本資料では、パラダイムシフトが加速する現状で金融機関が直面する課題と、今後のビジネス展開について、金融業界で長年活躍してきた専門家が解説。あわせて、商談情報や担当者同士のつながりなどを「見える化」し、組織の共有資産として活用できるようにするクラウドサービスの活用法も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。