資料の紹介

 クラウドコンピューティングへの移行はあらゆる業界で進んでいる。ネットワークやインフラは仮想化され、複数のクラウドが包含され、ITリソースはアプリケーション間で共有されるなど、今日のIT環境は極めて動的なものになり、また大規模で複雑になっている。

 従来の監視ツールは、こうしたIT環境から生成されるデータの量や速度、多様性に対応するようには作られていない。そのため、毎日数百から数千ものアラートが運用チームに届き、その7割以上を誤警報や対応不要なものが占めるという惨状を招き、担当者を疲弊させている。

 本資料では、世界の800人のCIOへの調査結果を交えて、運用チームがクラウド化に伴って直面する課題を洗い出し、その根本的な解決策としてAI主導による自律的クラウド運用への移行を提案する。対象企業で発生するアラート数は1年間で2割増え、そのうち対応が必要なものは26%にすぎなかったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。