資料の紹介

 製品在庫量の最適化は、製造や小売企業にとって最も重要な課題の一つである。在庫が少ないと、顧客からの急な注文に応えられずビジネスの機会損失につながる可能性があるし、多すぎると今度は、コストや資金繰りに悪影響を与えかねない。そこでカギを握るのが、売れる量を前もって推測する需要予測である。

 需要予測の手法を大別すると、過去の販売実績を基に統計的な手法で予測する手法と、顧客数や商談、受注データなどから担当者の勘と経験を基に需要を予測する手法の2つになる。両者は補完的なものであり、需要予測システムを選ぶ際には、それぞれの結果を組み合わせて活用できるかどうかが重要なポイントとなる。

 本資料では、「現場の知見」と「統計的手法」の双方を織り込んだ予測が可能な需要計画モジュールを、実際の画面例とともに紹介する。在庫量を最適化することで、在庫回転率を上げ、予測と発注のプロセスを統合してコストを削減できる。さらには、発注プロセスの簡素化やワークフロー承認も可能になる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。