資料の紹介

 業務効率改善から顧客体験や顧客満足度向上、セキュリティ強化など、さまざまなビジネス上の課題を解決し、新しい価値を導き出すツールとして、多くの企業が、機械学習の導入を始めている。機械学習搭載型AIシステムを導入した企業幹部のうち半数以上が「技術面での生産性向上を実感している」と回答したとするデータもある。

 では、それらの企業では、どこにどのように機械学習を導入し、どのような成果を得ているのだろうか。これから機械学習を導入してビジネス変革を進める企業にとっては、機械学習がどのような課題に対処できるのか、どのような分野で優れた結果を生み出すのか、具体的に見極められる情報が欲しいところだ。

 本資料では、機械学習の導入により著しい成果が上がる分野として、7つのユースケースについて解説する。従業員の生産性改善から不正なオンラインアクティビティーの識別まで、多くの企業が直面している課題で、しかも6~10カ月程度の機械学習で効果が上がるものを対象に紹介する。具体的で身近な事例に対する機械学習の活用方法を知り、その成果を実感できるものとなっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。