資料の紹介

 機械学習は既に多くの産業で実用化され、重要なテクノロジーとして今後も活用が拡大する。ただ、機械学習のセキュリティに注目している企業は、それほど多くない。機械学習では、企業の重要なデータを大量に使ってモデルを構築する。実はデータの準備、トレーニング、検証、デプロイといった機械学習の全ての段階で、高い安全性が求められる。

 しかも、多くの企業はクラウドで提供される機械学習サービスを利用している。安全性を確保するには、クラウドのインフラ、ユーザーの認証と承認、クラウドやネットワーク上でのデータ保護、監査、コンプライアンスなど、多様な観点からの対策が欠かせない。準備を怠って問題が発生したら、そのマイナスのインパクトは甚大だ。

 本資料では、機械学習に求められるセキュリティ対策を5つの観点から解説する。例えば、機械学習の全ての段階でデータを暗号化して、個人情報などを含んだ重要データの安全性を守る。機械学習の成果を最大化するためにも、まずは本資料でセキュリティ対策の基本を押さえておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。