資料の紹介

 機械学習を使って業務プロセスや効率の改善、顧客体験の向上から事業変革まで、様々な成果を実現する企業が増えている。企業には業務プロセスから売り上げの記録、顧客からのフィードバックに至るまで、様々な情報が蓄積されている。こうした情報を基に、機械学習を導入することで、新たな事業価値を見いだせるようになる。

 しかし、実際に機械学習を採用して事業改善したり、さらなる収益源となる事業を生み出したりするためには、それなりの準備が必要となる。以前から蓄積されているデータを、より機械学習に適した形で管理するにはどうしたらよいのか。新たにどのような環境な構築し、自身のビジネスのどのプロセスから導入したらよいのか。新たな人材を確保する必要はあるのか。

 本資料では、機械学習に対する疑問に答えながら、機械学習が得意とする8つの分野、および機械学習の導入時に考慮すべき4つの項目を挙げ、機械学習でビジネスを成功に導く方法を解説する。世界的なエンターテインメント企業から医療機器メーカーまで、実際に機械学習を活用する様々な企業の導入事例や、様々な導入支援サービスに関する情報も得られるものとなっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。