資料の紹介

 先進的な企業はペタバイト、エクサバイト級のデータをビジネスに生かしている。膨大なデータを分析し、ビジネスで役立つインサイト(洞察)を得るために不可欠なのが、機械学習だ。データを戦略的な資産とみなし、ビジネスの競争力を生み出している企業を「データ駆動型企業」と呼ぶ。

 ただし、ある調査によれば、データ駆動型を目指す企業のうち、それに成功したという企業は27%にすぎない。それはなぜか。1つの原因は、ITシステムだ。既存のレガシーなシステムでは、膨大なデータを扱うことも、機械学習を効果的に利用することもできない。

 本資料では、2億5000万人のプレーヤーを抱えるゲーム「フォートナイト」を運営する米Epic Gamesや、「ドミノ・ピザ」を展開するオーストラリアのDomino's Pizza Enterprisesなどの事例を挙げ、データ駆動型企業になるための条件を解説している。また、データ駆動型企業に不可欠なデータ基盤を構築する5つのステップも紹介している。機械学習によるデータ活用はもちろん、DX(デジタル・トランスフォーメーション)に取り組む企業にも役立つ資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。