資料の紹介

 デジタル変革(DX)の実現に役立つ技術として、人工知能(AI)や機械学習への注目が集まっている。最近まで、深層学習モデルの開発には非常に多くの時間や労力、専門知識が必要だった。しかし、ベンダーが専用のサービスやツールを提供し始め、実験や開発、実装が以前より容易になったことも関係している。

 とはいうものの、深層学習モデルの開発を妨げる要素は依然として多い。タスクに適した深層学習フレームワークやアルゴリズムの選択、訓練用データの収集や調整、既存アプリケーションへの深層学習モデルの統合、本番環境での規模を拡大した運用など、苦労している企業は少なくない。

 本資料では、AIを組み込んだシステムが今後重要になる理由を解説したのち、調査会社IDCが従業員500人超の組織を対象に実施した、AIの導入・開発状況に関する調査結果を紹介する。AIアプリケーション関連の支出は、2023年には960億ドル以上に拡大。2025年までには、新しいアプリケーションの90%以上にAI関連の機能が組み込まれるようになると予測している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。