資料の紹介

 建設・土木業界では、熟練技術者の減少に加えて、老朽化した社会インフラへの対応による人手不足などが要因となり、現場での働き方の変革が待ったなしの課題となっている。例えば、熟練の管理者が複数の現場を掛け持ちすることによって、各現場を回るのに時間がかかり、工期が長引いてしまうといった課題がある。

 こうした厳しい制約条件下で、働き手の確保、労働生産性の向上、技能継承に有効な新しい手段として注目されているのが、「スマートグラス」の活用だ。カメラとディスプレイを搭載したスマートグラスを現場作業者が着用し、本部などと映像コミュニケーションでつなぐことで現場作業の遠隔支援が可能になる。

 本資料では、スマートグラスを使って、「現場作業者への指示出し」「教育」「記録」といった場面で、知識やスキルを効率よく円滑に共有できるようにするソリューションについて、建機メーカーなど、実際に導入効果を上げた5つの事例を交えて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。