資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大は、製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)にも変化をもたらしている。コロナ禍以前は工場のスマート化による現場の効率追求への関心が高かったが、現在は事業継続に軸足が移ってきた。

 従業員の安全確保や、従業員が感染した場合にも事業継続を可能にするための業務自動化や遠隔運用に注目が集まっている。また、DXによって、製造拠点や部品・素材調達先の変更が必要な局面で柔軟に対応できる体制整備を加速することへの関心も高い。

 本資料では、国内製造業のDXの動向と共に、製造業のDXの課題とそれらを解決に導くプラットフォームの活用法について解説する。研究開発、素材調達から顧客対応まで、様々な業務における社内外の連携を強化し、情報共有化やワークフローの一元化が実現可能になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。