資料の紹介

 社会のあらゆる場面でデジタル化が進み、ビジネスに利用できるデータは増加の一途をたどっている。企業は、豊富なデータを意思決定に活用することで競争力を向上できる一方、データが増えすぎると従来の手法では処理が困難になる。そこで注目されているのが、機械学習を組み込んだAI(人工知能)システムだ。

 機械学習を利用することで、蓄積したデータやリアルタイムのデータからパターンを検出し、将来の結果を予測したり、異常を検出したり、重要なイベントをクラスタ化したりできるようになる。しかし、大量の学習用データを手作業で準備する工程がネックとなる。

 本資料ではまず、AIと機械学習を企業が活用する際に必要な基本知識として、最近のトレンドや、データを中心としたアプローチについて述べる。さらに、近年AIと機械学習の活用が急速に進んでいるIT運用およびセキュリティ対策分野について、どのような成果を上げているかを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。