資料の紹介

 現在、AI(人工知能)で最も注目を集めているのが深層学習(ディープラーニング)だ。実ビジネスでの活用も盛んで、製造業での製品の異常検知、医療での画像認識、自動運転の空間認識、自然言語処理など、様々な領域で応用が進んでいる。

 ただ、実際に取り組もうとすると深層学習の開発・実装環境の用意が課題となる。TensorFlowやPyTorchといった深層学習のフレームワークや、BERTなどのトレーニング済みモデルは、非常に速いペースで開発が進められている。環境の構築・テスト・運用をゼロから実施するのは至難のわざだ。さらに、演算に欠かせないGPUのドライバー、ライブラリとの関係を正しく理解するには、高度な専門性が必要になる。

 本資料では、AI用途のデスクトップワークステーションを紹介する。最新のGPUを搭載し、深層学習、機械学習、ハイパフォーマンスコンピューティング向けのGPU最適化ソフトウエア群をすぐに使える「NVIDIA NGCカタログ」をプリインストールしている。環境構築の手間を省く“秘策”となり、企業の研究者やエンジニアのAI開発ワークフローを高速化する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。