資料の紹介

 データベース管理システム(RDBMS)は、企業情報システムの核となる要素である。近年は、クラウドで提供されるデータベース管理システムを利用する企業が増えてきてはいるものの、オンプレミスのRDBMを使っている企業は依然として多い。

 RDBMSはいったん導入すると、アプリケーションなどの互換性の問題から別製品へのリプレースは困難であるとされている。ただし、最近ではコスト削減を主な目的として、市販データベースとの互換性をうたうオープンソースRDBMSを導入する企業も出てきた。

 本資料は、Oracle Databaseとの互換性をうたうオープンソース(PostgreSQL)ベースのRDBMSについて、各機能の対応関係を整理、比較したものである。現在Oracleを利用しているが、別の選択肢も検討したいという企業の判断材料になりそうだ。

※ 本資料内に記載されている機能比較などは資料提供企業であるエンタープライズDBが独自に調査したものです。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。