資料の紹介

 多くの企業が、業務の“最適解”をデータ分析で導き出そうとしている。一方で「BIツールの活用がビジネスにつながっていない」という声も聞かれる。BIツールは過去に起こったことを分析して視覚化するツールで、具体的なアクションとは直結しないからだ。

 データ分析を次のアクションにつなげるには、KPI(重要業績評価指標)を改善する要因を特定する必要がある。ところが、ビジネスでは複数の要因が複雑に絡み合う。例えば、顧客生涯価値(LTV)を改善するのは商品の単価なのか、店舗の場所なのか、接触回数なのか。相互に影響し合う要素を分析しないとならない。こうした分析には統計学の「多変量解析」という手法が必要になるが、一般的なビジネスパーソンはこのスキルを持たない。

 本資料では、データ分析の課題を整理したうえで、統計学の専門知識がなくても多変量解析の手法を使えるようにする方法を紹介している。「拡張アナリティクス」と呼ばれる新種のツールの活用だ。データサイエンティストに頼らなくても、これまで気づけなかった洞察にたどり着ける。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。