資料の紹介

 経済産業省による「DXレポート」公開を機に、幅広い産業分野でデジタル変革(DX)が注目されている。しかし、それから約2年が過ぎた現在も、DXへの取り組みはさほど進んでおらず、小売業においてもその水準は低い状態にある。2020年末の「DXレポート2」では、DXに積極的な企業と無関心な企業とに二極化しつつある現状が指摘された。

 日本でDXが進まない原因については、「DXの目的がわからない」「DXの進め方がわからない」などの声が挙がっているが、DXの推進には「経営トップの意思」と「DXに対応できる組織・人材」、そして、手段としての「ICT革新」がかみ合うことが必要だ。実際、「DXレポート2」には、「IT業務がわかる役員の比率が高い企業ほどDXへの取り組み成果が出ている」とある。

 本資料は、丸井グループ、カスミ、トライアルホールディングスの経営幹部らと経済学者による、小売業のDX推進をテーマとしたパネルディスカッションの内容をまとめたものだ。日本の小売業におけるDXの現状と課題、流通構造改革や人材育成について議論し、国内小売業のCEO/CIOに向けたDX推進策を提言している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。