資料の紹介

 コロナ禍によりテレワークシフトが進む一方で、外へ持ち出せない機密データを扱うため、社内でしか利用できない業務システムも数多く残っている。こうした中、改めて注目を集めているのがリモートデスクトップだ。

 社外からリモートデスクトップを実現するための方法としてこれまで、VPN(仮想プライベートネットワーク)とクラウドサービスがよく使われてきた。しかし、VPNはレスポンスが良い一方でユーザーの負担が大きく、クラウドサービスは簡単に使える一方でレスポンスが必ずしもよくない場合があるなど、ユーザー体験やコストにおいて一長一短がある。

 本資料では、リモートデスクトップの有用性と、これまでの実現手法における課題、それらを解決する新しい選択肢について解説する。Webベースのリバースプロキシを使うことで、VPNとクラウドサービスの“いいとこ取り”が可能となり、安全で高性能なリモートデスクトップをVPNクライアントなしで実現できるとしている。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。