資料の紹介

 総務、経理、人事といった管理部門では、請求書対応、経費精算、月次決算、郵便対応など、数多くの業務が毎日・毎月定期的に発生している。着実に実施して会社をスムーズに回すのが本来あるべき役割だが、実際には様々な要因で作業が滞る。担当者の努力や残業で乗り切っているものの、何とか解決したいと悩む管理部門は多い。

 この問題は管理部門だけでは解決が難しく、他部門との連携が欠かせない。とはいえ、他部門から見ると管理部門の業務内容は分かりづらく、協力したい気持ちがあってもなかなかできないのが現実だ。業務の流れを分かりやすく可視化して、どこに問題があるのかを情報共有するところから始めないとならない。

 本資料では、月次決算業務を例に、管理部門の業務を効率化する手順を分かりやすく解説している。業務フローを可視化する手段から具体的な作業内容の改善まで、業務効率化のコツを4つのポイントに分けて説明する。併せて、業務効率化の支援サービスとして、経費精算システムや請求書代行受領サービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。