資料の紹介

 IT人材は常に不足している。情報処理推進機構(IPA)が発表した「IT人材白書2020」によると、過去5年間、9割以上の企業が「大幅に不足している」「やや不足している」と答えている。また、経済産業省の調査によると、2030年には約79万人が不足するという。

 こうした数字が一人歩きし、人材の「量」が問題視される場合が多い。ただ、不足しているのは量だけではない。IT人材白書2020によると、IT人材の「質」に対する不足感も「大幅に不足している」「やや不足している」との回答が5年にわたって9割を超えている。

 本資料では、IT人材に不足している「質」とは何か、公的機関の調査を基に考察を進める。顧客がIT企業に求める「期待」「技術」「役割」を果たすため、IT人材が身に付けるべきスキルを簡潔に解説する。併せて、システム企画のフレームワークと、それを学ぶためのセミナーを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。