資料の紹介

 コロナ禍のような予期せぬ出来事は、とても大きなストレスを生む。準備不足のままテレワークを始めた企業も多く、家庭との両立や、仕事とプライベートの区別など、慣れないことの連続に疲弊している人は多いだろう。従業員のメンタルヘルスは、企業にとって重要な課題である。

 職場のメンタルヘルスの支援にAI(人工知能)を活用する動きがある。AIの進展は目覚ましく、我々は日常的にAIロボットと対話をするようになった。例えばスマートスピーカーのようなコミュニケーション家電が増えている。サポートの一次受付をチャットボットが担うことも珍しくなくなった。とはいえ、メンタルヘルスという繊細な問題をAIロボットに相談することについて、人々はどう考えているのだろうか。

 本資料は、職場のメンタルヘルス支援にAIを活用することについてアンケート調査を実施し、その結果をまとめたものである。調査は2020年夏、世界11カ国の1万2347人を対象にした。この調査によると、68%の人が仕事のストレスや不安について、マネージャーよりもロボットに相談したいと回答したという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。