資料の紹介

 中小企業では、部門ごとに導入した専用ソフトが社内に複数存在しているケースが多い。だが、在庫管理ソフトや、販売管理ソフト、会計ソフトなどが別々に稼働していると、受注データを入力した後、さらに会計ソフトに入力する、といった二重入力が多数発生する。

 近年では、中小企業でも、業務効率向上などを目的に、ERP(統合業務パッケージ)で社内の情報を統合する動きが顕著になっている。ERP導入の最大のメリットは、社内の様々な業務を一元管理できることだ。再入力が不要になることで、転記や入力ミスが減少し、業務効率と正確性が向上する。

 本資料では、ERPが中小企業にも有効な理由、およびERPを選ぶ際のポイントについて説明する。ERPにはオンプレミス型とクラウド型があるので、それぞれの特徴を理解したうえで、現場でスムーズに運用できるかどうか、法改正対応などのメンテナンスやアップグレードのしやすさ、使い勝手の良さなどをチェックするとよいだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。