資料の紹介

 Linuxは多くのソフトウエア開発者にとって日常的な開発環境となっており、Red Hat、SUSE、Ubuntuなどのエンタープライズ向けLinuxは汎用的なITシステムのOSとしてよく使われている。だが、これらのLinuxディストリビューションは、信頼性やサポート期間、システムリソースに関する要件などから、組み込み用途には一般に向いていない。

 多くの機器メーカーでは、組み込み分野の制約に対応するために、既存のディストリビューションを基に自社で作成した専用のLinux、いわゆる「RYO(Roll Your-Own)Linux」を採用する傾向がある。RYO Linuxは初期コストこそ抑えられるが、専任エンジニアを社内で抱えなければならず、使用期間が長くなるほどサポートやメンテナンスに要するコストが増大する。

 本資料では、Linuxでの組み込み開発の問題を解決できる第3の選択肢として、商用組み込みLinuxについて詳しく紹介する。プラットフォームの開発、メンテナンス、技術サポートなどのサービスをベンダーから受けられるので、市場投入までの期間短縮、サポートやメンテナンスのコスト抑制、コンプライアンス対応などに効果があるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。