資料の紹介

 テレワークの普及とともに、導入が急増しているWeb会議ツール。バーチャルオフィスや遠隔会議、サポートデスクなど、幅広い場面で活用できるツールだが、実際には、限定的な用途でしか使えていない企業も少なくない。導入効果をさらに上げるには、総務部門やIT部門が率先して活用法を理解しておくことが大切だ。

 例えば、拠点間の会議で移動の時間やコストを削減できることはもちろん、実際のオフィスのように気軽にコミュニケーションできる「バーチャルオフィス」を構築することも可能だ。IT部門であれば、画面共有とリモート操作によって、テレワーク中の従業員を遠隔サポートすることも可能だ。

 本資料は、総務部門、IT部門が知っておきたいWeb会議ツールの活用シーンについて簡潔に解説している。あわせて、国内外で80万社以上が導入しているWeb会議ツールの主な機能や特徴を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。