資料の紹介

 製造業の分野でも導入が進むデジタルトランスフォーメーション(DX)。工場のスマート化や、デジタル化による設計支援など、さまざまな活用が考えられる。

 機器メーカーにとっては、顧客に対するサービスの品質向上につなげることが可能だ。例えば、自社が提供する機器をIoTで接続したリモートモニタリングである。機器の稼働状態をインターネット経由で把握し、データを分析できる。これにより、故障を未然に防いだり、新たな製品やサービスの開発に役立つ知見を得たりすることができる。

 本資料では、リモートモニタリングについて解説する。これは、機器メーカーのDX、特にIoT導入の第一歩として最適だという。合わせて、実際の導入事例を紹介する。医療機器メーカーのSysmex Americaは、リモートモニタリングを活用することで、装置のダウンタイムの削減やメンテナンスサービスの向上を実現したという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。