資料の紹介

 日本ではこれまで、契約を交わす際には「紙」と「ハンコ」を使うのが主流だった。だが、紙の文書が存在すると、業務スピードの向上や効率化が頭打ちになり、企業の競争力や生産性低下にもつながってくる。郵送する時間やコストに加え、倉庫への保管や管理など、間接コストも膨らむ。

 実際、電子契約を導入する企業は増えている。JIPDEC(日本情報経済社会推進協会)の2018年の調査によると、電子契約の普及率は43.1%、検討中を含めれば63.7%に達した。その一方で、安全性への懸念などから、電子契約の導入をためらう企業もある。

 本資料では、紙による契約の問題点と電子契約のメリットを述べたうえで、契約締結から契約書管理までをデジタル化する、クラウド型の電子契約サービスを、実際の操作画面と共に紹介する。導入実績は14万社以上、初心者でもマニュアル不要のシンプルさが特徴という。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。