資料の紹介

 実行に必要なライブラリや依存関係、ファイルを含めてアプリケーションを内包するコンテナは、クラウドアプリに、かつてないほどの可搬性とスケーラビリティをもたらした。アプリケーションをハードウエアやOSから切り離すことで環境の差異を吸収できるので、アプリケーションの開発と運用を連携させるDevOpsとも相性が良い。

 しかし、コンテナ開発のプロジェクトを始める前に、検討すべきことは多い。どのOSを使うかに始まり、コンテナの操作を自動化するオープンソースプラットフォーム「Kubernetes」を自ら構築するか/購入するか、コンテナを導入することで組織はどのような影響を受けるのか、といったことだ。

 本資料では、Kubernetesの導入を検討する際に、知っておきたい10のポイントを紹介する。例えば、「コンテナの実行にあたり、OSを気にする必要はない」と聞いたことがあるかもしれないが、実際のところ、元々Linux由来の技術であるコンテナには、Linuxが欠かせない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。