資料の紹介

 近年、様々な企業でHRテック(人事・労務関連テクノロジー)の導入が進んでいる。データ分析やAI、クラウドサービスなどの最新技術を活用しながら人材の能力を可視化。データから得られた知見をもとに適材適所の人員配置を行うことによって、組織を活性化するのが狙いだ。

 HRテックの中心となるのは、社員の個性や才能を発掘し、戦略的な人事を進めるタレントマネジメントシステムだ。ポイントは人材情報をシステム化し、人事担当者のみならず、経営層や管理職、一般社員に至るまで全社的に共有すること。だが、システムだけでは不十分でデータから導き出す人事戦略のノウハウこそが成功のカギを握る。

 本資料では、タレントマネジメントに関しての解説と、2000社以上が導入し活用しているタレントマネジメントシステムの機能について紹介する。データから人材配置や要員シミュレーションを実施するなど、様々なタレントマネジメントを実現する活用シーンを解説。さらに、システムを活用した人事戦略のノウハウを学べる仕組みについても説明する。松屋フーズやエイベックスなどでの活用事例も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。