資料の紹介

 あらゆる業界にデジタル変革が要求されている現在、データの価値を企業価値に変えていく力が、勝敗を分けるといっても過言ではないだろう。デジタル変革を推進するために欠かせないのが、誰もがリアルタイムのデータに簡単にアクセスし、目的の情報を検索・分析・検証したり、社内で情報を共有したりできるようにする「データの民主化」である。

 企業に蓄積されているデータを分析し、経営判断の指標として活用できるようにするBI(ビジネスインテリジェンス)ツールは、データの民主化を推進するツールとして期待されている。だが、ツールを導入するだけでは不十分だ。データの民主化で効果を上げるには、データの意味を理解し管理する専任者や専門家のサポートが必要になる。

 本資料では、「データの民主化」の実現にはどのようなツールとサポートが必要なのかを、国内外の3社の事例を交えて解説する。データの加工やリポートの作成に費やしていた多くの時間と手間が不要になり、最新の分析結果をモバイルでいつでも確認できるようになるなど、意志決定の加速にもつながっているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。