資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に「成功した」と認識している日本企業は全体のわずか6.6%にとどまるという調査結果がある。この調査を実施した会社は、その原因として、「全社員へのデジタル教育」「デジタル知見を有した経営陣による意思決定」「デジタルとビジネス・業務知見を有した推進組織の設置」が不十分だと指摘している。

 一方で、DXを推進中の企業側からは、課題として「社員のITリテラシーが不十分」「DXを担う人材育成が困難」「社内の危機感が薄い」などの声が上がっている。DX教育に加え、人材育成方法の再検討や社内の意識改革が必要なことがうかがえる。

 本資料では、デジタル人材育成の課題解決に向けて、従業員一人ひとりが、自律的に学習し、自らのキャリア開発を進められるシステムについて紹介する。既に世界180カ国超、6000以上の企業に導入済みの最先端の人材育成策を、日本企業に合わせて強化したという。既にこのシステムを導入済みの日本の製薬業、製造業、金融業、地方自治体などによる事例を参照できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。