資料の紹介

 最近のWebサイトやアプリケーションは、ユーザーとやり取りして疑問を解決するための会話型インタフェースとして、チャットボットを備えていることが多い。人間が対応するのに比べてコストを削減できるうえ、一つの窓口で疑問が解決することでユーザー体験の向上にもつなげられるからだ。

 だが、従来型のチャットボットは弱点もある。FAQや単純な質問には答えられても、会話の文脈を理解したり、人間のように柔軟に会話したりすることはできない。また、ルールベースで駆動するものがほとんどであり、そうしたチャットボットをユーザーに役立つようにトレーニングしたり、テストしたりするには、開発・運用に相応のコストが必要となる。

 本資料では、チャットボットの弱点を、最新の「バーチャルアシスタント」がどのように克服しているかを具体例で紹介する。会話の文脈認識、複数のリクエストの同時処理、会話の途中で入力された情報への対応などを、実際の会話のシナリオに沿って、チャットボットとの比較でわかりやすく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。