資料の紹介

 エンタープライズシステムのアーキテクチャーは、クラウドの普及に伴って大きく変容している。特に大きいのは、アプリケーションを小さなサービスの集まりで構成する「マイクロサービスアーキテクチャー」の台頭だ。サービスをクラウド上で分散処理すると、コスト削減や障害対策にもつながる。

 サービスに分割された機能の開発には、アジャイル型の開発プロセスが適している。しかし、エンタープライズシステムのアジャイル開発では、品質を担保する方法が十分に浸透しているとは言い難い。例えば、テスト駆動開発をして、ユニットテストを実行するだけでは、エンタープライズシステムに要求される品質を担保できない。

 本資料では、日本のアジャイル開発の第一人者が、エンタープライズシステムのアジャイル開発における品質管理について、具体的な方法やツールから開発プロセス全体へのアドバイスまで解説している。アジャイル開発に初めて取り組もうとする企業や、アジャイル開発の品質を高めようとしている企業は、ぜひ一読しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。