資料の紹介

 日本情報システム・ユーザー協会の調査によると、コロナ禍の中でもデジタル変革を減速させる企業はほとんどなく、特に、業務プロセス効率化や働き方改革への期待は大きいという。しかし、トップダウンで導入することが多いERP(統合基幹業務システム)と違い、一足飛びに事業構造を変革することは難しく、現場が主役となって段階的に進める必要がある。

 デジタル変革の推進には、業務効率化とコスト削減を実現するSoR(Systems of Record)領域と、顧客とのつながりを重視した新たなビジネスやサービスを提供するSoE(Systems of Engagement)領域、双方のデジタル化が欠かせない。全体像を考慮しながら、両方のシステムをバランスよく稼働させることが、ビジネスの加速につながる。

 本資料では、企業がデジタル変革をどのように進めるべきかについて解説する。さらに、デジタル変革を加速させたい企業に向けて、手軽にデジタル化を実現できるワークフロー機能や、現場主導のアジャイル/ローコード開発を支援する機能などを備えた、業務システムの開発プラットフォームを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。