資料の紹介

 スマートシティーはどうあるべきか。ただ「住みやすい」だけではなく、都市の今後の課題を見据えて、将来にわたって住民の生活の質を向上させる街であることが期待される。

 足元を見ると、都市部の人口は既に世界人口の半数を超えており、2050年までにさらに25億人増加するというデータもある。都市部に人口が集中すれば、社会インフラに様々な負荷が生じ、人々に大きな影響を与えることになる。では、どんなテクノロジーがスマートシティーの構築に貢献できるのだろうか。

 本資料では、スマートシティーの実現に向けて、サステナビリティー、安全性とセキュリティの確保、モビリティー向上などの6つに焦点を絞り、公的資金の使途を最適化しながら進めることを提言する。そして、ネットワークカメラとIoTを活用したソリューションを提案する。さらに、5Gやエッジコンピューティング、AI(人工知能)を活用するスマートシティーの最新トレンドについても紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。