資料の紹介

 経済産業省が2018年に発表した「DXレポート」。その内容は、「2025年の崖」という言葉とともに、多くの日本企業に強烈なインパクトを与えた。それにもかかわらず、2020年12月発表の「DXレポート2」では、DXに「まったく取り組めていない」または「散発的な実施にとどまっている」と回答した企業が9割以上を占めていることが報告された。

 経産省は、DXへの取り組みが遅れている原因の一つとして、「DX=レガシーシステム刷新」「現時点で競争優位が確保できていれば、これ以上のDXは不要」といった、本質的ではない“通説”の存在を指摘している。「デジタル技術の活用」についての認識の違いが、DXへの取り組みにも反映された結果と言えるかもしれない。

 本資料では、DXを取り巻く現状と課題を改めて分析し、課題解消の道筋を考察したのちに、DXの実行計画を効果的に進める手段として、クラウド型BPM(ビジネスプロセスマネジメント)ツールの活用を提案する。期待できる成果、ツール選定でのチェックポイントについても解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。