資料の紹介

 営業量と業績が比例する時代は終わり、経験と勘に頼った営業手法では安定的な売り上げは望めない。そこで多くの企業が、目標を数値化して管理するために「KPI(Key Performance Indicator)」を設定している。KPIの設定により、営業プロセスを適切に管理し、売り上げ目標の着実な達成を目指すことができる。

 ここで重要なのが、適切なKPI設定と、それをチームで継続的に把握する「KPIマネジメント」の徹底である。特に、昨今のリモートワーク環境下では、活動内容や活動量が見えづらく、営業成果以外の視点で評価することが難しくなってきている。また、営業効率を向上させるにあたって「どこを改善すべきか分からない」という根本的な悩みも聞かれる。

 本資料では、環境に左右されない最適なKPIマネジメントの実現に向けた実践ガイドとして、KPI策定時の3つのステップや、売り上げ目標を達成し続けるために必要なKPIマネジメントを継続できる体制づくりのコツを紹介する。KPIを可視化し、メンバー間で共有し、一人ひとりの意識改革を行うことが重要だと説く。さらに、そうしたKPIマネジメントの継続運用を支援するツール情報も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。