資料の紹介

 ハイブリッドクラウドを次世代インフラ基盤として選択する企業が増えている。オンプレミスにおける蓄積を生かしながら、クラウドの機敏性・柔軟性を融合できるメリットがあるからだ。一時のクラウド移行の熱狂が過ぎ去り、「クラウドでできること、できないこと」が明確化してきたからこその現象とも言える。

 ハイブリッドクラウド躍進の背景には、オンプレミスを取り巻くテクノロジーの進化も影響している。最近では最新のインフラ機器、ネットワーク、クライアント環境をas a Service化して月額・従量制で提供するサービスも生まれている。

 本資料では、オンプレミスとクラウドをシームレスに連携し、全社システム基盤のハイブリッド化に取り組む大陽日酸の事例を紹介する。運用管理を外部SIerに一気通貫で任せ、安定性と利便性の高いインフラ環境を整備するという。大陽日酸の担当者は、「(ハイブリッドクラウドでも)クラウドと同等の俊敏性と柔軟性を備えたインフラを実現し、すべてを月額・従量制で利用できる。これはまさに“クラウド体験”」と語る。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。