資料の紹介

 デジタル変革(DX)を実現するために、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)による生産性向上やBIツールによる意思決定支援などを検討したものの、ツールの価格や汎用性がネックとなり踏み切れずにいる企業は少なくない。一方で、慣れ親しんだExcelをDXの手段として全社展開することにも抵抗を感じる企業が多いだろう。

 Excelの問題点として、マクロやVBAプログラムが属人的になりやすく、引き継ぎや全社的な管理が難しいことがある。加えて、大量のデータを読み込むのに時間がかかることや、セキュリティ管理の難しさなども挙げられる。

 本資料では、「野良Excel」などと問題視される属人化/ブラックボックス化をはじめ、大量データ処理、セキュリティなど、Excel活用にまつわる問題を解消する手段として、マクロやVBAを代替するアドインツールを紹介。Excel資産を生かしたシステム化/自動化、RPAツール連携、基幹系と連携したBIなどのユースケースも詳しく紹介する。コーディング不要でプログラムを開発・メンテナンスでき、仕様書も同時に生成する点が大きな特徴だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。