資料の紹介

 新型コロナ感染症により社会は大きく変化し、ネット通販の急拡大など、販売チャネルにも大異変が起きている。こうした中、重要性を増しているのが、高信頼の商品データである。デジタル変革を成功させるためには、商品データを戦略的資産と位置づけ、適切なツールで管理することが急務といえる。

 だがその一方で、商品データ管理の強化に取り組む企業に混乱をもたらしているのが、PIM(Product Information Management、商品情報管理)と商品MDM(Master Data Management)のどちらを選ぶべきかという問題だ。この二つのテクノロジーには、表面上はほとんど違いがないうえ、企業によっては併用する場合もあるからだ。

 本資料では、商品データ管理にかかわる読者向けに、PIMと商品MDMの違いを丁寧に解説。さらに、PIMを選択すべき場合、商品MDMを選択すべき場合、両者を組み合わせて活用すべき場合について詳しく述べる。双方のメリットと、自社の課題を照らし合わせて検討することで、効果的な商品データ管理手法を選ぶ助けになりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。