資料の紹介

 ビジネス上の目標や業務プロセス、成果ときちんと結び付いたデータ戦略を作ることは、DX(デジタル改革)推進や業績改善の取り組みにおいて極めて重要だ。的確なデータ戦略があれば、コスト管理や生産性の改善が可能になり、シェアや収益の拡大だけでなく、様々な規制に伴うリスク、サプライチェーンの中断、顧客離れといった問題にも有効だ。

 自社に最適なデータ戦略を策定し効果的に実行するには、顧客満足度の向上、売掛金回収期間の短縮、購買リードタイムの短縮、といった具体的な業務目標に焦点を合わせ、その業務の責任者を説得する必要がある。しかし、多くの場合、「データ戦略」の定義は曖昧(あいまい)であり、作成方法についての明確なガイドラインも示されていない。

 本資料「データ戦略の定石集」は、ビジネス上の価値をもたらすデータ戦略を作成するための実践ガイドである。前半で、データ戦略策定のプロセスと考慮すべき事項を紹介。後半では、データ戦略の実行方法、開始する場所、拡張する方法、利害関係者のサポートなどについて、重要なポイントを解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。