資料の紹介

 クラウドへの移行は、柔軟なシステムの拡張性やビジネスへの俊敏な対応力をもたらす。これらの効果の根源にあるのがデータ活用だ。しかし、オンプレミスで蓄積したデータ群をクラウドに最適化するには、IT担当者に大きな負荷がかかる。

 構造化されたデータウエアハウスだけが対象なら問題は少ないが、昨今では文書やメール、画像、センサーログなど非構造化データを格納したデータレイクが分析に不可欠となり、データの複雑化・サイロ化を招いている。検索や管理が困難な“沼地”と化したデータレイクを放っておくと、AI(人工知能)などの最新技術をクラウドで有効活用することが難しくなる。

 本資料では、自動化によるデータ管理ソリューションがいかにクラウド戦略にとって重要かを解説する。慣れた手作業コーディングでも対応できるが、そうしたやり方は破綻を迎えると警告している。ある製薬企業では、高スキルを持つ担当者にオープンソースを用いたデータ取得フレームワークの開発・運用を任せた結果、担当者が転職した途端にデータ活用がストップしてしまったという。こうした過ちを防ぐためにも、属人化に陥らない自動化ソリューションは必須だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。