資料の紹介

 人工知能(AI)や自律型ロボットなどのデジタル技術が発達し、メーカーがデータ分析やデジタルツインといった技術を活用できる環境が整ってきた。製造業の生産現場でIT技術を活用するスマートファクトリーによって、生産性が向上し、生産コスト削減に役立つと期待されている。

 一方、製造現場でのIT活用には、過酷な環境に起因する特有の課題がある。温度や湿度の変動幅が大きく、空気中にはほこりや化学物質などの汚染源が含まれ、振動や水漏れが発生する現場も多い。これらはIT機器に悪影響を及ぼすことがある。また、オフィスや商業施設に比べて、製造環境では無防備な場所にIT機器が設置されていることが多く、信頼性やセキュリティに関するリスクも高い。製造装置に異常がなくても、システムがダウンするとラインは止まってしまう。製造プロセスの自動化が進むほど、影響は大きくなる。

 本資料では、ITを活用した製造現場のダウンタイムを最小化するための方法について解説する。「製造環境向けに設計されたIT機器のエンクロージャーを選ぶ」「監視および管理ソフトウエアを購入する」など5つの手段について、具体例を示しながら詳しく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。